今すぐ見積もる

給湯器からの水のトラブル、原因と対処法

■給湯器が水漏れしている原因とは

給湯器から水がポタポタ落ちてくる水のトラブルの際には、どこかが破損している可能性を疑うべきです。当然ながら安全に使用するためには、修理もしていかないといけません。
原因として最も考えられるのは、経年劣化です。給湯器や各部品は長期間の使用により、徐々に劣化していきます。10年を目安に給湯器のトラブルが発生した場合は、経年劣化と考えるのが自然です。寒い時期には配管の凍結によって膨張し、破裂してしまうこともあります。この場合は全体の交換が必要となり、補修費用も高額になる傾向にあります。
水抜き栓からの水漏れの場合は、内部の水を抜いて調整する機能が働いていると考えられます。長い期間使用していなかったり、内部に水が多く溜まってしまったりしたら、内部の圧力が高まります。圧力を下げるため、内部の水を自動的に抜く機能が働きます。給湯器の水抜き栓の様子をしばらく見ても水が収まらない場合は、専門業者に依頼して点検をしてもらった方がよいでしょう。設置して間もないのであれば、施工不良や初期不良の可能性も考えられます。まずは施工業者に相談をしてみるのがよいでしょう。これらの原因の特定をしていくのはもちろん、まずは給湯器から水が止まらない状態をできるだけ早く改善することが先決です。給湯器の運転を停止し、水漏れ箇所を確認したうえで元栓を閉めて電源を落としましょう。そして、専門業者に相談して修理を依頼するのが最も確実な方法です。
賃貸物件の場合は管理会社や大家さんに連絡をし、保証期間や保証内容についての確認もした方がよいでしょう。それぞれの原因によって適切な修理の方法は異なります。

■修理か交換かの目安について

使用期間と水漏れ箇所から考えて、給湯器の修理か交換かを判断するのが基本となります。給湯器を見て水がポタポタと落ちる水のトラブルを発見した場合は、修理か交換のどちらかを選択することになるでしょう。使用して短い期間で起こった場合は、保証期間で対処できることも少なくありません。10年前後の使用の場合は、経年劣化が疑われ、部品の交換ができない場合もあります。さらに、部品を購入できたとしても取り付け方法が難しく、自分で修理するのは難しいです。長期間使用しているのであれば、総合的なコストパフォーマンスを考えると、修理よりも交換の方がよい場合が多いのが事実です。
大量の水漏れであってもエラー表示しない、さらに異音がしてガタガタと激しく揺れる、温度調整ができないといった場合は交換がメインとなります。修理をする場合は給湯器に合ったものを選択することが絶対条件となります。内部の水漏れを引き起こすことになってしまうのは避けたいものです。自分で修理をする場合は規格の変動や製造の終了をしていないかを確認し、専用工具の有無についても確認しないといけません。最終的に専門業者に依頼するのなら、最初から依頼した方が手間や時間はかかりません。専用の道具を揃えるのには、時間と費用がかかります。最初から状況と状態を見極めて修理をするのか新しいものに買い換えるのかをしっかり考えるべきです。修理ではなく、交換が必要である場合は専門業者に依頼して費用や機能を総合的に判断しての選択をしましょう。修理をしても一時的なしのぎにしかならない場合は交換がおすすめです。

■原因を特定して適切な対処を行うのが難しい
給湯器で起こる水のトラブルには、さまざま原因が考えられます。部品の劣化だけと特定できた場合においても安易に自分で修理することは難しいです。精密機器である給湯器の部品だけを交換しようと思ってもガス管とつながっていることを忘れてはいけません。
ほかの配管やホースや本体にぶつけてしまい、水がポタポタと滴り落ちるようになる、あるいは緩めてはいけないところを緩めてしまうといった危険性もあります。水漏れをそのまま放置することによって火災や感電、階下や床下への浸水につながる恐れがあるため、迅速に対応して解決を図るべきです。初期症状こそ軽い状態であっても、そのまま使い続けることによって症状が大きくなってしまいます。機器の異常に気が付いたときにはすでに修理や交換が必要な段階に差し掛かっていると判断した方がよいでしょう。
使用期間が10年前後となると部品の劣化の可能性が高く、さらには本体の寿命も考えられます。部品交換で一時的に凌ぐよりも本体を交換した方が安上がりとなることも少なくありません。すでに生産が終了していて修理自体が不可能となっている場合もあります。どこから水漏れが起きているかによって対処が変わります。大きな事故につながる可能性もあるからこそ、困ったときにはまずは専門業者に相談をしましょう。原因を特定して適切な対処を行うのは簡単ではなく、他の場所を破損させてしまうことは絶対に避けたいものです。水のトラブル全般にいえるのは自分で対処するのが無理と判断した場合は、専門業者に依頼して対応する望ましいということです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

記事一覧

水回りのトラブル 一括見積もり 今すぐ無料でお見積り